~“水素ごっくっく”との出会い~

~翔栄ウェルネス×加藤元気商店 対談インタビュー~

・株式会社ウェルネス(翔栄ウェルネス)
 代表取締役会長:宇佐神 慎さま  代表取締役:宇佐神 功美さま  
・株式会社加藤元気商店
 代表取締役:加藤 丈尚  スタッフ:酒井 香 01
インタビュアー「早速ですが、水素ごっくっくの販売元である翔栄ウェルネスさまと加藤元気商店さまの出会いを教えていただけますか?」
宇佐神(慎)さま「はい。出会った経緯は健康博覧会(東京ビックサイトにて開催)ですね、そこに酒井さんが来られて水素水を扱っていて、それがウチが前に扱っていた商品と同じものだったんですね。当時ウチもそのメーカーのサーバーを在庫で500台くらい仕入れて、そのメーカーと一緒にとにかく一生懸命やっていこうしていたんです。段取りするのに半年くらいかけましたね、レンタルの仕組みも考えたりして。」  
加藤「そうだったんですね」
宇佐神(慎)さま「そのあとTVに出してもらったり新聞にも出させてもらったり、その勢いでどっとスタートさせようとしたんだけど、色々問題があってお取引を中止した経緯があったんです。確かそんな話を酒井さんにもしたよね?」
酒井「そうですね」
02宇佐神(慎)さま「だからあの商品で一生懸命やってるんだったら大変だろうな、って思ったんです。それで酒井さんに電話したんですよ、今度ウチの社員の市橋を行かせるからねって。」
酒井「はい、そうでしたね。」
宇佐神(慎)さま「ずっと気になってたんですよ。だってそのサーバーを販売してた知り合いの埼玉の人が『何百台も在庫を抱えて売れない』って困っていることも聞いていたから」
加藤「そうですね、そして宇佐神さんとお話をさせてもらって、物事を突き詰めていかれる方なんだなって感じたんです。それが凄いなって。だから自社の製品にもついて突き詰めていて、水素水に対して真剣じゃないですか? それで、是非一緒にやらせて頂きたいなって思ったんです。」
宇佐神(慎)さま「ありがとうございます(笑)」   ―― 一同笑い  
インタビュアー「人柄についてはお互いどう思ってたんですか?」
宇佐神(慎)さま「加藤社長はね、こちらが騙されそうというか(笑)。すごい誠実そうな顔をしているからね。私なんかは荒っぽいというか怪しい顔だからさ(笑)。人間顔じゃないんだけど、顔と中身が一致していない人もいるから。でも加藤さんは初めて会った時に誠実そうな人だって思っちゃったわけよ(笑)。
加藤「ありがとうございます(笑)」
宇佐神(慎)さま
「でも、顔で騙されないぞって(笑)。私も色々人に騙された経験もあるからね。私が人を見るのは一生懸命かどうかなんだけど、加藤さんは話していて一生懸命さが伝わってきたから、大丈夫だろうなって。私の持論なんですが、人間多少やんちゃであろうが外れたことやろうが、一生懸命であれば大丈夫だと思うんです。でも、一生懸命じゃない人って、向きが変わっても何も進まないの。一生懸命な人は向きが違っていれば方向を変えてあげれば一生懸命にやるから。だから一生懸命なのは大切なんですよ。そうすれば事は成っていく。加藤さんはフェイスは誠実そうだし、話をしてて一生懸命な人だなって感じたので、信頼して一緒にやっていけると思えたんです(笑)」
加藤「ありがとうございます。顔と中身が一致するように頑張っていきます(笑)」  
―― 一同笑い  
宇佐神(慎)さま「顔はね、つくりはどうであっても40歳になったら自分の顔に責任を持てって言うでしょ?顔は人生と共に出来上がってくるからね。だから私はダメかも(笑)」
インタビュアー「加藤社長は宇佐神さんに対してどういった印象をお持ちでしたか?」  
宇佐神(慎)さま「見るからに怪しそうな感じ?(笑)」   033
加藤
「あはは(笑)お話させて頂くと、話の内容が深いし、筋の通ったお話をして頂けるので、信頼できる方なんだなと思いました。」  
インタビュアー「加藤元気商店さんを通じて、『水素ごっくっく』がどう広まっていったらいいなと思いますか?」  
宇佐神(慎)さま「是非、地域に根差した活動をして頂きたいと思います。それが一番いい形だと思ってるんです。目の届く範囲で仕事をすることで、メンテナンスをしっかりしながら販売していける。そうすると、お客さんとの関係も密になるから、例えば災害なんかが起こった時には助けになれると思うんです。きっとこれから災害も増えて行くだろうし、何かあった時にフォローできる体制をとっていけるのは、今後大事になってくると思うので期待は大きいです。」  
宇佐神(功)さま「『水素ごっくっく』で笑顔になる人を、沢山増やしていってほしいです」  
加藤「ありがとうございます、がんばります。」
インタビュアー「加藤社長からも何かありますか?」
加藤「加藤元気商店って、変な名前なんですけど、地域に親しみのある会社にしたいという想いで付けた会社名なので、頂いた言葉をしっかり受け取って、発信していきます。地域の人が健康で笑顔でいられる様にしていきたいと思っています。今後もよろしくお願いします。」 04
インタビュアー「皆さま本日はありがとうございました」  

Top